kotei_main.jpg

韓国、中国、日本にまたがるロケを企画。安東の民俗芸能、上海の近代都市など、それぞれの風土を利用して、国に関係なく人間に共通するサバイバーズ・ギルト、裏返せば〈誰かを思慕する気持ち〉を描く。

監督は『マレヒト』(95)、『L'Ilya〜イリヤ〜』(00)、『舌〜デッドリー・サイレンス』(04)などインディペンデントで映画を作りつづけてきた佐藤智也。2010年には本作の試作として、双子の女優を起用して短編『三つ子』(10)を製作。韓国の大邱(テグ)インディペンデント短編映画祭、アメリカのドラゴン・コン映画祭で上映された。それから10年をかけて作られた本作『湖底の空』は、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020において、審査員の満場一致でグランプリに選出され、シネガーアワードと合わせてW受賞となった。

空と海を一人二役で演じるのは、韓国インディペンデント映画のミューズ、イ・テギョン。その二人に振り回される望月に「花より男子」の美作あきら役で注目を集め、その後台湾の映画に出演するなどワールドワイドに活躍する阿部力。空と海の両親役に、日韓の演劇・映画などで活躍中のみょんふぁ、武田裕光。そして70年代にアイドルとして一世を風靡し、現在はユニセフのアジア親善大使としても活動の幅を広げているアグネス・チャンが特別出演しているのも話題。

国境のみならず、あらゆる境界を超えて傷ついた人々の心をつなぐ、ファンタスティックムービーが誕生した!

kotei_sub01.jpg
kotei_subo6.JPG